【就活中級者必見】選考を勝ち進むにはどうしたらいいの?-選考の対策まとめ-

キャリコレ公式LINE

面接対策の成果を試す、即日内定イベントはこちら

就活中級者パック-選考の対策まとめ-

この記事を読んでいる方は、自己分析や業界研究を終えてサマーインターンに参加し就活生として大きく成長した方たちでしょう!

もしまだ自己分析や業界研究が終わってない方は下記の記事をチェックしてからこの記事を読んでください!
就活初心者パック
今回の記事では実際の選考の対策について解説していきます!企業にもよりますがおおまかな選考の流れは下記のようになっています。

 

・ES提出

・グループディスカッション

・複数にわたる面接

・内定

 

それでは「ES提出から」順番に解説していきます!

絶対に受かるESの書き方!

就活⽣の皆さん、ESを書かなきゃいけないのにどう書いたらいいかわからない!とお困りではないでしょうか。

もちろんいきなり何の準備もせずESに取り掛かっても、良いESは書くことができません。ESの⽂章作成のポイントは、企業側の問いに的確に答えることです。

採⽤側はあなたが企業理念をしっかり理解できているか、求める⼈材と合致するかを判断するためにESを利⽤しているのです。つまり的外れな答えだと求めている⼈材か判断できない上、コミュニケーション能⼒がないと思われてしまいます。

ESの書き方を詳しく解説していくと長くなってしまうので今回は割愛させていただきます。
詳細を知りたい方は下記の記事をチェック!
ESや履歴書作成のコツは?

協調性が試される場!グループディスカッションの進め方!

グループディスカッション(GD)とは、就職活動で行われる選考方法の一つです。1グループの人数は3~10で行われ集団でディスカッションを行います。

所要時間は15分~1時間程度で結論を導き出し、最後に発表を行います。

選考で企業側は大量の学生を見なければなりません。グループディスカッションは一度にまとめて学生の思考力やコミュニーケーション能力を見ることができます。

そのため、選考の序盤で採用されることが多く、就活生も対策を練る必要があります。

グループディスカッションとは?

自分の強みを出し切って勝とう!必勝面接対策

どんなに万全な準備をしても緊張してしまうのが面接というものだ、、ESの出来が良ければそのままESを丸暗記してのぞんでしまうことがある。

そうしてしまうと、面接官に対して一方的に早口で話してしまいます。

面接は面接官と学生のキャッチボールを行う場です。面接官からも聞きたいことがあるのにもかかわらず一方的に話してしまえば印象がわるくなってしまいます。

では実際に面接ではどんなことが聞かれてどのように対応すればいいか気になる方は下記の記事をチェック!
面接対策

面接対策の成果を試す、即日内定イベントはこちら

まとめ

ESは企業の方が知りたい情報を記載しよう

グループディスカッションは選考の序盤で行われるので対策が必要

面接では面接官の質問に的確に答えよう

関連記事

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

LINEで友達追加する