【イケイケな業界紹介】ビジネスチャンスを逃すな!今話題のビッグデータを徹底解説!

ビッグデータとは?

誰もが一度は耳にしたことはある「ビッグデータ」。ビッグデータが重要だ!ビッグデータが世界を変える!などと言われて、とても注目を集めています。

しかし、「ビッグデータとは何ですか?説明してください」と改めて聞かれると、答えられない人も少ないと思います。

そこで今回はこの記事では、ビッグデータのことをわかりやすく説明して、現在の社会でどのように活用されていのか説明していきたいと思います。

 

1.ビッグデータが普及した理由

コンピュータやインターネットの急速な発達が大きく関わってます。データがデジタルとして扱うことができるようになり、コンピュータが高速で情報を処理することができるのようになりました。

それにより、インターネット自体も大きく発展していきました。そして、ビッグデータの時代が始まりました。

ビッグデータに勢いをつけたと言われてるのが「Hadoop(ハドゥープ)」という技術です。

Hadoopは、大量の非構造データを高速で処理できるようになり、大量のデータを低コストで分析することができるようになりました。

このようにして、ビッグデータの時代が始まりました。

 

2.ビッグデータとは何か?仕組み

ビッグデータというと、つい大量のデータと考えてしまいますが、実際はそういう意味ではありません。

現在主流になってるビッグデータの定義は、2000年代初めに業界アナリストのダグ・レイニー(Doug Laney)氏が、ビッグデータの定義を3つのVで表現した下記のものになっています。

量(volume)

速度(velocity)

多様性(variety)

量(volume)

企業や組織は、今現在さまざな種類のデータを大量を収集していて、その一つ一つのデータの量が大きくなっています。

そのデータを以前は保管することは困難でした。しかし、「Hadoop」のおかげで大量の情報を処理することができるようになりました。

速度(velocity)

データはこれまでにない速度で流れています。TwitterやInstagramなどのSNSは、世界中の人々が短時間で投稿し、つぶやいています。これをイメージしただければ、わかりやすいでしょう。

多様性(variety)

ビッグデータとは構造化されたデータだけに関わらず、テキスト、音声、ビデオ、ストリームなどの構造化されてないデータも含みます。

この二つの「構造化データ」と「非構造化データ」に分けて考えられてます。このようなデータの多様性をあらわしています。

 

3ビッグデータの活用することでのメリット.デメリット

メリット

1) ビッグデータを分析することによっての可能性

これまで活用されてなかったデータを分析して、新たな市場の発見ビジネスチャンスを得ることができます。それによりビジネスシーンでは大きなリードを取ることができます。

2) 業務を最適化してコスト削減

今までの業務体系や、費用などを分析することによって業務の流れの中の無駄を省くことができコストを削減してより生産性を上げることができます。

3) 未来の売り上げ予想

これまでの、売り上げの伸び下がりを分析することによって将来どのように売り上げが上がるのかを予測することができます。

 

デメリット

1) 不正アクセスでの個人情報漏えい

多くの個人情報を持ってる場合は、不正アクセスなどによる情報漏えいの可能性。

2) 復旧にかかる大幅な時間

データを多く保管しているために、不具合が生じた場合の復旧に時間がかかる。

3) データ分析による結果の違い

さまざまなデータが大量にあるため、どこの、なんのデータを使うかによって分析結果が違う場合がある。

 

4ビッグデータの活用例

1) スシロー:皿にICタグを付けて売り上げアップ!

スシローはすべての寿司皿にICタグをつけることによって、今流れてるネタの鮮度や売り上げを管理しています。

どこの店で、いつ、何のネタが流されて食べられてるのか毎年10億以上のデータを蓄積しています。これにより、顧客の需要を予測して、どのタイミングで何のネタをどれだけの量を流すかをコントロールしてます。

このようにして、顧客の需要を予測してネタを流すことによって無駄なコストの削減につながっていています。言うまでもなく、それにより利益も大幅に上がってます。

 

2) ローソン

ローソンはポンタを導入したことで、大量のデータを毎年蓄積して分析しています。

その結果、例えば「ほろにがショコラ」の売り上げの6割は全ユーザーの1割であるヘビーユーザーが売り上げを占めていることがわかった。

そのため、リピート率の高い「ほろにがショコラ」は、売り上げは低いにも関わらず今も売られている。

この場合は、短期的に見れば売り上げが低い商品でも長期的に見れば安定した売り上げを取ることができ、また生産を減らすことでコストも減らすこともできます。

3) 大阪ガス

大阪ガスは、コールセンターに寄せられた修理依頼の情報を蓄積しています。

それと同時に、過去の修理履歴や機器の型番データーを保有していることによってこの2つの情報を合わせることによって、ケースごとに必要となる部品を自動的に割り出すことが可能になりました。

これにより、普通では従業員が行う仕事を自動化することによって人件費を削減することに成功しています。

 

5.まとめ

本記事ではビッグデータとはどう言うもので、どのように活用されているのかを紹介しました。

現在ビッグデータは、業務の効率化、コスト削減、売り上げ増加などの目的で使われています。

しかし、今回の記事でも書いたようにメリットもある分デメリットも多くあります

それを理解した上で使うことによってより大きな成果を上げることができると思います。皆さんも、ぜひビッグデータをうまく使って大きなビジネスチャンスを掴みましょう。

 

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

LINEで友達追加する