【女性版】就活で好印象を与えるリクルートスーツの選び方

キャリコレ公式LINE

レディースリクルートスーツの選び方

リクルートスーツってたくさんあるし何を買えばいいのかわからない!という人も多いはず。そこで今回はリクルートスーツを買う時に選び方の基本・色などをご紹介します!

そもそも『リクルートスーツ』って?

リクルートスーツは就職活動に欠かせない重要なアイテムです。就職活動に最適な機能を備えています。

自分にぴったりのリクルートスーツを選ぶことで、より美しく上品な見た目を演出でき、またそれは、面接官に良い印象を与えるために大切なポイントです。

第一印象はとても大切であり、それを決める重要な1つでもあります。また自信を持ったスーツを着て自信を持てれば自信を持って面接ができます。

スーツで好印象をGetしましょう!
他にも第一印象を決めるポイントをまとめた記事もあるのでぜひ参考にしてみてください
『就活モテ肌』で好印象をGETしよう!Part1
『就活メイク』で第一印象を100点に!

リクルートスーツの選び方

それでは早速リクルートスーツの選び方をみていきましょう。レディースのリクルートスーツを選ぶときのポイントは
『美しさ』と『機能性』です。

この美しさというのはリクルートスーツがしっかり自分にあったサイズで、姿が綺麗に見えるものを選びましょう。

2つ目のポイントは、快適な着心地をサポートする機能性です。
就活中は、連日の面接や企業説明会に行くことが多く、リクルートスーツを着て歩き回ることが多くなります。そのとき、動きやすさや快適さがなければ苦しく過ごさなければならなくなります。

また、連日続くためメンテナンスのしやすさも大切です。そのとき予算に余裕があれば、リクルートスーツを2着以上用意しておくとなお良いです。

ボトムの選び方

スカートまたはパンツ、ということはわかっていてもどちらにするのかはいつも悩みますよね。パンツスタイルとスカートスタイルどちらを選ぶ方が好印象を与えるのでしょうか。

パンツスタイルは動きやすいですし、大人っぽいスッキリした印象です。そのためタフさや活発なイメージを与えます。

逆にスカートスタイルは、女性らしく可愛らしい印象となり、清楚で柔らかいイメージを与えます。

ただ、就活ではリクルートスーツにはスカートを選んだ方が無難といえます。もちろん、業界によっても異なりますし年々パンツスタイルも増えていますが、人事担当者からのウケはスカートスーツの方が良いという傾向があります。

その理由はいくつかありますが主な理由として人事担当者は50代以上が多く、「女性はスカート」というイメージがあり、どうしてもイメージとして女性らしさに欠ける、という意見になります。

しかしメリットもたくさんあります!メリット、デメリットを知り、その上で上記のイメージに合わせて着用をすることをオススメします!

 

<パンツスタイルのメリット>

何と言ってもう動きやすさです。颯爽と動くことができますし、スカートよりもきにする事が少なく済みます。また、ストッキングの伝線という大問題が起きても気にする事なくできます。

また、就活の始まる冬から春にかけての寒さから逃れることができます

<パンツスタイルのデメリット>

やはり先ほども述べたようにウケが悪いことも多々ある、ということです。業界によってはパンツスタイルも好まれるところもあるので自分の行きたい職種を調べてみましょう。

このように基本的にはスカートがベターであり、その上で考えてみる、ということをオススメします!

 

サイズの選び方

自分にあったサイズを決めるポイントをお伝えします。
サイズを自分に合わせることは好印象につながります。
必ず自分でも、お店でもいいのでサイズを測ってくださいね!

 

<ジャケット>

基本的にジャケットは2つボタンのテーラードを選びましょう!
肩幅:自分の肩幅と、ジャケットの肩幅がぴったりのサイズにしましょう。ぶかぶかだとだらしない印象に、キツすぎると動きづらくなってしまいます。

胸囲: すべてのボタンをとめたときに、少し余裕があるサイズにしましょう。基本的にジャケットは2つボタンのテーラードが基本です。このボタンは必ず締めなければならないので長時間閉めていても苦しくないようにしましょう。

胴回り:ボタンをとめたときに、適度に絞られた腰のシルエットになるジャケットがオススメです。スタイルがとてもよく見えますし、スタイリッシュな印象に見せることができます。

着丈:ジャケット裾が、ヒップトップにかかる程度の着丈にしましょう。短すぎても長すぎてもシルエットが綺麗に見えません。

「お尻を隠したい…」という女性は多いと思いますがスーツの場合ヒップトップの丈の方がすっきりとしてシュッと見えます。
袖丈:ブラウスの袖や、手首が隠れる袖丈にしましょう。長い丈は邪魔ですし、だらしなく見えます。

<ボトム>

スカート丈:立った時は膝が半分ほど隠れ、座った時は膝上5cm程度のスカート丈が目安です。短いのはもちろん、あまりに長すぎるのは美しくありません。また、スカートをはく時には必ずストッキングを着用しましょう。

パンツ丈:パンプスのヒールが少し隠れるパンツ丈が目安です。足がすらっと長く見える効果があります。

長いと裾がほつれてしまいますしだらしなく見えます、また短いと綺麗に見えなかったりしてしまいます。

パンツで見えない、とはいえ足元でわかります。必ずストッキングを着用しましょう。また、ベルトも必ず着用しましょう。

素材:ウール、ポリエステルなどが一般的です、あまりに高いものを揃える必要はありません。それよりも無難なものを数着揃えることをオススメします。

 

スーツの色・柄

就活時は、黒いリクルートスーツにしましょう。

ネイビーやグレーもありますが、黒が一番無難であり、定番の色になりますし、わざわざ危ない橋を渡る必要はありません。

また黒色のリクルートスーツの中で、ストライプなどの模様や柄のない、無地のデザインを選び、素材に艶や光沢感があるものは避けましょう。
清潔感、美しさ、誠実感のあるスーツを着用し、決してファッションにならないようにしましょう。

リクルートスーツにはストレッチ機能や消臭、防臭機能、防シワ機能など就活をする上で嬉しい機能のついた商品が多数あります。

自分にぴったりな一着とともに就活を乗り切りましょう!
<スーツに合わせたアイテムのリンク>

適切なリクルートスーツで即日内定イベントにいこう

関連記事

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

LINEで友達追加する