【履歴書をチェックリストで簡単確認】就活生の悩みを現役人事が解決!

就活において、一番最初に就活生の情報を知るために用いられるのが履歴書。企業は履歴書から限られた情報から就活生の特性を抽出して評価し、採用する人材を選びます。その中で、社会人としてのマナーを守れているか、抜けや漏れがないか、などももちろん評価の対象となっているのです。

そこで今回は、履歴書を書くにあたって、就活生が守るべきマナーや注意点を記事にまとめました。後半では、現役就活生が感じるリアルな疑問にキャリコレライターと人事が答えます。

履歴書1枚で8社にエントリーができる!?超優良イベントはこちら

履歴書の記入例と注意点

みなさんも「履歴書の書き方が分からない、不安」といった思いがあるのではないでしょうか。
そこで今回、履歴書の見本を見ながら注意点をまとめました。

 

基本情報

 

印鑑

  • 履歴書に押印箇所がある場合は押印が必須
  • 押印忘れや、最後の押印でのミスを避けるためにも一番最初に行う

 

日付

  • 履歴書全体で元号か西暦かを揃える
  • 郵送の場合は投函日、面接で手渡しする場合は当日の日付を記入

 

写真

  • 履歴書に記載されているサイズに写真を合わせる(一般的な履歴書サイズは4×3cm)
  • 剥がれた場合に備えて、写真の裏に氏名・学校名を記入
  • 履歴書の書き損じに備えて写真は最後に貼る

ワンポイント

写真は両面テープで貼るのがおすすめ!

水のりは量を間違えると、はみ出したり用紙がふやけたりしてしまいます。一方、スティックのりだと粘着力が弱いことがあります。

 

氏名

  • 「ふりがな」は平仮名で、「フリガナ」は片仮名のように仮名を履歴書の振り仮名に合わせる

 

住所

  • 都道府県から書き、マンション名も省略せずに書く

 

メールアドレス

  • 添付されたPDFファイルを閲覧しやすくするためPCメールのアドレスを記入
  • いつでも確認できるようにスマホアプリでもチェックできるメールサービスを作成
  • 氏名と数字などを使用した社会人としてふさわしいメールアドレスを作成

 

学歴・職歴

 

学歴

履歴書全体で元号か西暦かを揃える

中学校卒業から大学卒業見込みまで記入

学校名や高校など省略せずに正式名称で書く(高校→高等学校)

職歴

アルバイトは職歴には含まれないため、基本的には「なし」と記入

職歴がない場合でも必ず「職歴」、「なし」、「以上」を記入

 

免許・資格

  • 資格・免許は正式名称で書く
  • 言語スキル・仕事に関係のない資格は記入しない
  • 現在勉強中のものを記入するのもOK

 

志望動機

  • 業界の中でもこの企業でなければならない理由を書く
  • 企業研究・自己の原体験を含めて説得力を上げる

 

趣味・特技

趣味・特技は仕事に活かせるアピールができるだけでなく、会話のきっかけになるため、驚くような特技がなくとも必ず埋めることが必須です。

また、そこから自分の考え方やスタンスをアピールできる項目にもなります。それを踏まえたうえでどのような趣味・役割を書くべきか確認していきましょう。

  • 必ず空欄にしない
  • 話のきっかけになることを想定した内容を記入する
  • 趣味・特技となった理由を自分の価値観を交えながら話せるようにしておく

 

本人希望記入欄

この項目は、一般的には勤務条件(給与・勤務地・勤務時間)などの希望を記入する箇所なので、新卒に関しては基本一律で希望しない方が良いでしょう。

基本的に「貴社規定に従います。」と記入

 

【注意点まとめ】チェックリストで簡単確認

さらに今回、履歴書における抜けや漏れがないかを確認するためのチェックリストにまとめました。

ぜひこの表を印刷して最終確認として利用してください。

 

就活生のリアルな疑問と解決策

実際の就活生に対して、履歴書に関する疑問についてアンケートを実施しました。本章ではその中から一部抜粋した疑問に関して解決策をまとめたのでぜひ参考にしてください。

 

「履歴書でよく書き間違いをしてしまう、修正ぺンや修正テープは使ってもいいの?」

修正ペンや修正テープは絶対に使わないようにしましょう。新しい用紙に書き直しが必要です。

もし不安な場合は、一度他の紙に下書きして確認し書き写すことをお勧めします。

 

「パソコンで履歴書を作成していいの?手書きで行うべき?」

パソコンで履歴書を作るのはアリです。基本的にはどちらでも問題ありません。

ただし参考程度に、応募企業によっては手書きを好む企業、パソコンでの作成を好む企業が存在します。

判断基準は以下になります。

パソコン作成を好む企業

ベンチャー企業、外資系企業

インターネットやホームページを用いて募集を行っている企業

手書きを好む企業

歴史ある老舗企業

紙媒体で募集を行う企業

 

また双方のメリット、デメリットについてもまとめました。

 

パソコン作成

メリット

文字が読みやすい

作成時間が短縮できる

他の企業で転用できる

デメリット

評価されない可能性がある

 

手書き

メリット

個性が出やすい

文字から人柄が伝わる可能性がある

デメリット

書き直しが効かない

文字が読みづらい場合がある

作成に時間がかかる

評価されない可能性がある

 

これまでは手書きが主流でしたが、これからパソコン作成が主流になっていくことが考えられます。今はちょうど変化の時期なので難しいところですが臨機応変に対応できるようにしましょう。

 

「資格はどれほどの基準から書いたらいいの?」

資格を持っているものすべてを書いてしまうと、必要のないスキルがたくさん書いてあるので、本当に必要とされているスキルが目立たなくなってしまうこともあります。

書く必要のないスキルは極力書かずに、仕事にかかわるスキルや自分の魅力となるスキルを記入するとよいでしょう。

 

記入するべき資格

  • 言語に関するスキルと資格
  • 仕事に関する資格
  • パソコンに関するスキル
  • 運転に関する資格

 

記入すべきでない資格

  • 中学レベルの資格
  • 仕事に全く関連しない資格

 

現役人事が実際に見ているポイントとは?

人事の方々は履歴書のどこに着目しているのでしょうか。今回、実際に現役人事の方にインタビューを行いました。

現役人事が実際に見ているポイントは一つで、自社に対してどれぐらい意欲・誠意があるかを見ています。人事はそれを図るうえで三つの観点から考えています。

現役人事が実際に見ている三つの項目

内容

枠いっぱいまで書いてるのか

字のきれいさ

 

就活生はこの三点に力を入れて企業への誠意を見せることが大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?履歴書から与えられる情報は記入の仕方、マナーも含まれます。さらに履歴書から話が広がることも十分考慮しながら記入をしましょう。

また、履歴書を書く際には入念な確認が大切です。皆さんもぜひチェックシートを利用して再確認をしてください。

履歴書1枚で8社にエントリーができる!?超優良イベントはこちら

関連記事

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

LINEで友達追加する