【感想と評判】ねっとで合説のメリット・デメリットをオフライン合説と比較して紹介!!

キャリコレ公式LINE
皆さんは「合説」と聞くと
大きな会場で行われる、就活の一大イベントを思い浮かべるのではないでしょうか?


しかし、ここ最近で新しい合説の形が登場したのです。

それがオンライン合説です。

今回の記事では、代表的なオンライン合説サービスであるねっとで合説について解説していきます。




合説とは?


まずはじめに、合説とは「合同説明会」の略称です。
一つの会場にたくさんの企業が出展して開催される説明会のことを指します。

リクナビやマイナビが実施する数十万人の学生が集まるものから、数十人規模のものまで幅広く存在します。

参加する最大のメリットは一度に多くの企業を知ることができることです。

毎年、合説をきっかけに知った企業に入社する学生は数多く存在します。
それだけ、企業の人や雰囲気を知れることが魅力なのです。

オンライン合説とは?


合説の中でも、ここ数年注目されているのがオンライン合説です。

実際に会場へ行かずとも、スマホやPCだけで数多くの企業を知ることができるのです。

これは、企業の情報を映像でインプットするする仕組みなのです。
文字や画像よりも情報量が多いため、十分に企業理解が深まるのですね!

オフライン合説とねっとで合説を徹底比較!

ここではオフラインとオンライン、双方のメリットとデメリットを比較していこうと思います。

皆さんの好みに合うのはどちらでしょうか??

オフライン合説のメリット・デメリット

メリット
オフライン合説に参加するメリット

 

  • 実際に人事の方の説明を聞くことができる

その場で自分多たちに語りかけてくれるので、熱量が伝わってきます。

  • 企業だけでなく就活生との出会いもある

同じ企業のブースで説明を受けた子と意気投合するなんてこともあります。

  • イベントの規模を肌で感じ、気持ちを引き締めることができる

規模が大きくなるほど、たくさんのライバルがいることを実感できます。

 

デメリット
オフライン合説に参加するデメリット

 

  • 交通費と時間を要する

参加企業数が多いものは、中~大規模都市で開催されるため地方学生は大変です。

  • 参加者が多く、着席できなかったり話を聞き辛かったりする

企業側も何タームも同じ説明をするので、後半は疲れを隠せません。

  • 時間を歩き回る時間も多く体力的な負担になる

会場も非常に広くどこに目的の企業のブースがあるのか探すだけでも一苦労です。

また企業の方に声をかけられたり、人をよけながら歩いたりと精神面でも疲労を感じる場面があるかもしれません。

 

オンライン合説のメリット・デメリット

メリット
オンライン合説に参加するメリット

 

  • 自宅に居ながら、数多くの企業を詳しく知ることができる

全国の企業から気になったものをピックアップできるので効率的です。

  • スマホなどで空き時間に利用できる

動画の時間も数分なのでサクッと見ることができます。

  • 興味を持ったらそのままエントリーできる

サイト内の履歴書をあらかじめ入力しておくと即エントリーできます。

 

デメリット
オンライン合説に参加するデメリット

 

  • 人事の方と直接コミュニケーションが取れない

動画を視聴して気になった部分などをその場では確かめられません。

  • 超有名企業について知ることができない

誰もが名を知る大企業はねっとで合説に出展していません。

  • オフラインと比べ臨場感に欠ける

落ち着いた環境下で1人で視聴するのは楽で効率的です。
ただ、緊張感にやや欠けます。

 

オンライン合説と言えばこれ!!

最近はオンライン合説を扱うサービスが増えています。

その中でも代表的なのが、今回紹介する
ねっとで合説」です。

以下に実際の使用者の声をまとめました!

ねっとで合説の評判は??

21卒 女性
大手ナビサイトは就活生を焦らせてくるので、大規模な合説には行っていません。

 

その代わり、ねっとで合説を使い、自分のペースで就活を進めています。
実際に今、ねっとで合説でエントリーした企業の選考途中です!

20卒 女性
ネットで就活は効率的に企業知ることができ、活用していた就活サービスの1つです。

 

ただ、僕が志望しているのはいわゆる大企業なので直接役に立ってはいません。
でも滑り止めの企業には、ネットで合説経由で内定をいただきましたね。

20卒 男性
ネットで合説は使ったことがありますが、私には合いませんでした。

 

スマホで企業の動画を見るのは良いのですが、どうしてもLINEやゲームの通知に気を取られ就活モードになれません。
私みたいに集中力がない人には不向きなサービスだと思います

このように、合う合わないはあるものの、使用経験のある就活生は非常に多いのです。

一度使用してみて、自分の肌に合うかどうかを確かめてみてはいかがでしょうか?

ネットで合説を最大限活用するには

ちなみに私は実際にねっとで合説を使用して、業界トップクラスのベンチャー企業に内定を頂きました。

そんな私が意識していたポイントをお伝えしたいと思います。

経歴書はしっかりと埋める

項目こそ少ないですが、だからこそ、ほかのユーザーと差別化する必要があります。

人気企業は多くの就活生がエントリーするため、埋もれないような経歴書を作成しましょう!

自己PRで強みを上手く表現する方法については、こちらの記事が参考になります!

興味を持った企業は詳しく調べる

動画と企業ページで十分な情報を得ることはできます。
ですが、それだけではエントリーシートを書くときや面接では太刀打ちできません。

ニュースサイトなどを利用して、その企業の動向などを把握しておきましょう!

業界や企業について、理解を深めるときコチラの記事が役立ちます。

オファーを受け取ったら、すぐに返信する

企業によってエントリーに対するレスポンスはバラバラですが、できるだけ早く返信することが望ましいです。

これはねっとで合説だけに限りませんが、対応の速さは志望度の高さだと捉える企業は多いです。

企業とやり取りする際に気を付けることはこの記事に書いてあります。

ネットで合説を使った就活の流れ

ネットで合説を使った就活をフロー図で解説します!

①会員登録
 わずか1分で完了です!

②ページ内の経歴書を埋めます
 基本情報の入力と簡単な自己PRだけなので、5分もかからないと思います

③興味のある企業を見つけたら、動画を視聴します
 動画は企業にもよりますが、平均して3分程度のものが1~2本あります。

④より興味が増したら、そのままエントリー
 ボタン1つでエントリーできます

⑤企業から返信が届き、選考が始まります
 企業によってはエントリー後すぐに連絡が来ることもあり、誠意を感じられますね

やっぱり、オフラインの合説に参加したい!

ここまで、オンライン合説である『ねっとで合説』について説明してきました。

次はおススメのオフライン合説も紹介したいと思います!

オンラインとオフラインの良いとこ取りイベント!

オンライン合説の快適性とオフライン合説のコミュニケーション

この双方を兼ね備えた、就活生にピッタリなイベントを紹介したいと思います。

それが、こちらみん就フォーラムです。

画像を見ても分かるように、誰もが名を知る有名企業も参加します。

だとすれば、たくさんの人が押し寄せるんじゃないかと思いますよね。

なんと、このイベントは少人数制で人事の方と密なコミュニケーションが可能なのです!

まさに、オンラインとオフラインのいいとこどりですよね。

参加を希望する方、もっと知りたいという方は、コチラのボタンからどうぞ!

まとめ

いかがだったでしょうか?

ひとえに”合説”と言っても、大きく分けて2つの形態があるのですね。
いずれも参加してみる価値は大いにあります!

まずは気軽に始められる、ねっとで合説から!



そして、日程が合えばみん就フォーラムやリクナビ、マイナビなどが開催するイベントに参加する形が理想的です!

これを機会に、今一度たくさんの企業に目を通してみましょう!

たくさんの企業と会うことができるイベントといえばコレ!!

即日内定がもらえる就活イベント

即日内定がもらえる就活イベント

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

LINEで友達追加する