国家公務員って?-国家公務員試験から年収まで徹底解説!-

キャリコレ公式LINE

みなさんは「国家公務員」と聞いて、どのようなイメージをもちますか?

「実際になるのは難しそう・・・」「お給料が高そう!」などなど、どこか崇高なイメージのある国家公務員について、気になる情報をまとめてみました!

就職の選択肢として公務員を考えている人は、この記事を読んでぜひ国家公務員を目指してみてください!

国家公務員って?

国家公務員の定義として、公務員のうち、国家機関や行政執行法人に勤務する人を指します。また、国民全体の奉仕者として国に勤務し、国全体に関係する業務を行います。

したがって、日本を動かすスケールの大きい仕事ができるという面で、とても魅力的な職業だと言えます。国家公務員はさらに、地方公務員と同様に特別職と一般職に分けられます。

  • 特別職

 

    • 国会議員、大使・行使、裁判官、自衛官、行政執行法人役員など、国家公務員法に定められた職を指します。
  • 一般職

 

    一般府省庁に勤務する職員行政執行法人の職員など、特別職以外の全ての国家公務員を含んだ職を指します。

このように、みなさんが国家公務員と聞いて思い浮かべるような外交官、税務職員などのほとんどは、一般職の国家公務員に分類されます。

国家公務員へのステップ!

国家公務員になるためには、採用試験に合格する必要があります。人事院が実施している国家公務員試験は、大きく分類して以下のものがあります。

総合職試験 主に政策の企画および立案または研究に関する事務に携わる係員を採用する(院卒者、大卒者向け)
一般職試験 主に定型的な事務に携わる係員を採用する(大卒者、高卒者、社会人向け)
専門職試験 特定の行政分野に関わる専門分野を有するかどうかを重視して採用する
経験者採用試験 政策の企画立案など、高度な知識・技術または経験を必要とする業務に携わる係長級の試験をはじめ、様々な採用試験を行う(民間企業等で実務経験のある人向け)

実際に、受験申し込みをして試験に合格した暁に、即採用!とはなりません。

試験合格者は、合格発表後に採用を希望する府省での面接(官庁訪問)などを受ける必要があります。官庁訪問では、府省等に関する知識を深めるとともに、採用における自己PRなどを行います。

このように、国家公務員になるための主なステップとして、国家公務員試験、官庁訪問(面接)をパスする必要があります。狭き門ですが、ぜひとも目指してみたいですね!

国家公務員になるメリット

  • スケールの大きな仕事ができる
  • 人脈が増える
  • 勤務地は都会であることが多い
  • モテる

業務内容が国や地域を動かすだけあって、仕事にやりがいを感じることが多いです。また、業界の一流の社長や官僚に直接会える機会もあるため、刺激的な人間関係を構築できるはずです。

国家公務員と聞いて、やはり世間体は良いです。安定した収入のイメージが強い公務員の中でも、特に高収入のイメージのある国家公務員は、合コンでは無類の強さを誇ります!

????あなたに合った企業が見つかる、即日内定イベントはこちら????

まとめ

いかがでしたか。
実際は激務で忙しいことが多い国家公務員ですが、それに見合ったやりがいとステータスのある魅力的な職業だと思います。
あなたも国家公務員になって合コンに行ってみませんか?

関連記事

【職種紹介】安定第一!-地方公務員になるためにすること-

2019.05.30

【職種紹介】公務員について丸わかり!-業務内容・種類について徹底解説-

2019.05.30

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!