【業界紹介】安定志向の方におすすめ!インフラ業界について徹底解説!

キャリコレ公式LINE

皆さんはインフラ業界について知っていますでしょうか?
私たちの生活に大きく関わるインフラ業界には、どのような職種があるのでしょうか
この記事では、そんなインフラ業界の仕事内容や気になる年収について書いていこうと思います。

業界一覧の詳細については下記をチェック!
業界まとめ!あなたのいきたい業界が必ず見つかる

生活を支えるインフラ業界

道路 鉄道 航空 電力 ガス会社が代表とされる社会の基盤となるような施設、仕組みを提供する業界です。

具体的にはサービスの土台となる、公共施設や設備のことを意味します。
身近なものとしてあげられるものは、道路や線路です。

それではそれぞれの業界の特徴を見ていきましょう。

年収が高い!道路業界

高速道路会社が就活では主になるでしょう。業務の概要としては、高速道路の管理を主に行います。

高速道路業界はいまだに建設・拡大中です。これは、新しい大都市を作ったりすることや人気なサービスエリアを作ったりすることなどができるかもしれません。

  • 1位 首都高速道路 881万円(平均年齢42.8歳)
  • 2位 阪神高速道路 817万円 (平均年齢43.9歳)
  • 3位 NEXCO中日本 800万円 (平均年齢42.2歳)
  • 4位 NEXCO東日本 798万円(平均年齢42.3歳)
  • 5位 NEXCO西日本 787万円(平均年齢40.9歳)

平均年収も高く就活では人気の業種のようです。

線路だけじゃない鉄道業界

鉄道事業輸送事業を想像する方がほとんどであると思いますが、それに加え“沿線価値の向上”を目指した事業を展開しています。

どういうことかと言いますと、沿線の魅力をあげることによって鉄道利用客の増加などの図るものです。なので、駅周辺の駅ビル開発など不動産業も行なっています。

平均年収に関しては以下のランキングのようになっています。

  • 1位 阪急阪神HD 931万円(平均年齢42.2歳)
  • 2位 相鉄HD 841万円 (平均年齢49.5歳)
  • 3位 近鉄グループHD 800万円 (平均年齢46.3歳)
  • 4位 西部HD 793万円(平均年齢39歳)
  • 5位 東京急行電鉄 750万円(平均年齢40.4歳)

ランキングに入っていないJR各社も600~700万円と非常に高い給与が設定されています。

航空業界で活躍する様々な職種

日本の航空業界は全日本空輸日本航空の大手二社が占めています。また、近年は低価格運賃を実現させたLCCの新規参入が活発化しています。

航空業界の職種は様々で、

  • 客室乗務員(CA):旅客機に搭乗し、乗客へのサービスを行う
  • パイロット:航空機を操縦士、目的地まで乗客や荷物を運ぶ
  • 航空整備士:航空機の整備や点検を行う
  • グランドスタッフ:空港で乗客に様々なサービスを行う

これ以外にも様々な職種があります。

年収に関しても職種によって大きく変わり、給与水準が最も高いとされるというパイロットは大手航空会社の機長クラスであれば2000万円を越える人もいるといいます。

各職種の平均年収は、

  • 客室乗務員:400万円~500万円程度
  • グランドスタッフ:300万円~400万円程度
  • 総合職事務系:400万円~500万円程度
  • 総合職技術系:400万円~500万円程度

と考えられます。

電力やガス業界って何してるの?

景気にかかわらず安定的な有益基盤持つのがこの業界です。

電力業界は省エネが進み、需要が徐々に減る傾向にありますが、資金繰りに余裕がある会社はクリーン開発メカニズム(CDM)や国内のスマートグリッドに参加することで次世代の収益源を探索しています。

  • CDM

先進国が、発展途上国が実施する二酸化炭素排出量削減への取組を資金や技術で支援し、達成した排出量削減分を両国で分配することができる制度です。

  • スマートグリッド

電力の流れを供給側・需要側の両方から制御し、最適化できる送電網のことです。

ガス業界は電力より市場規模が小さいのも特徴の一つです。

電気業界の平均年収は、以下のランキングのようになっています。

  • 1位 レノバ 948万円(平均年齢41.5歳)
  • 2位 イーレックス 802万円 (平均年齢41.6歳)
  • 3位 東京電力HD 802万円 (平均年齢44.9歳)
  • 4位 中国電力 778万円 (平均年齢43.8歳)
  • 5位 四国電力 766万円 (平均年齢43.9歳)

ガス業界の平均年収は、以下のランキングのようになっています。

  • 1位 K&Oエナジーグループ 800万円(平均年齢42.8歳)
  • 2位 静岡ガス 682万円 (平均年齢42.0歳)
  • 3位 大阪ガス 650万円 (平均年齢43.4歳)
  • 4位 東京ガス 649万円 (平均年齢44.0歳)
  • 5位 中部ガス 634万円 (平均年齢42.5歳)

????あなたに合った企業が見つかる、即日内定イベントはこちら????

さいごに

インフラ業界全体を通して、ホワイトな企業が多いようです。また、大手企業では福利厚生がしっかりしています。

人の暮らしを支えることを誇りに感じ働ける人や、社会貢献がしたいと感じている人は向いているので就活の際に少し考えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

【業界研究】広告業界ってなにするの?年収1000万円超え!-広告業界の業務内容を徹底解説-

2019.05.30

【業界紹介】電力業界とは?同じ電力業界でも業務内容が全然違う!-年収・業務内容を徹底解説-

2019.05.30

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

LINEで友達追加する