【業界紹介】電力業界とは?同じ電力業界でも業務内容が全然違う!-年収・業務内容を徹底解説-

キャリコレ公式LINE

電力業界ってどんな感じ?

インフラの中で電力業界がありますが、各電力会社でどのような違いがあるのでしょうか?
年収は違うけど業務内容も違うのでしょうか?

今回はそのような謎に迫っていきましょう。

業界一覧は下記をチェック!
業界まとめ!あなたのいきたい業界が必ず見つかる

大手電力会社10社

大手電力会社10社とは、

  • 東京電力
  • 関西電力
  • 中部電力
  • 東北電力
  • 九州電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 北海道電力
  • 北陸電力
  • 沖縄電力

のことをいいます。

これらの電力会社は電力の小売りが自由化されるまで、管轄のエリアに独占的に電力を供給していました。そのため、売上高も大きく、よく聞く社名であるので非常に安定していていいイメージがあるのではないでしょうか。

では、今の電力業界の状況についてみていきましょう。

競争激化!小売全面自由化

これまでは大手電力会社が独占的に電力を供給していました。

しかし2016年に電気の小売業への参入全面自由化され、過程や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。

  • 特別高圧:主に大工場 , デパート , オフィスビル , 病院などに電力供給している
  • 高圧:大型住宅街団地やオフィスなどに電力供給している
  • 低圧:小規模工場やコンビニ、各家庭へ電力供給している

電力の自由化とはつまり、“低圧”の電気が自由に販売できるようになったということです。

これによって大手電力会社の売上は大きく変動し、安定のイメージが強いエネルギー業界も大きく揺らいでいることがわかります。

新電力事業者 参戦!!

新電力の電気料金は大手電力会社よりも安く設定されていますが、なぜそのようなことが可能となっているのでしょうか。

それは、大手電力会社の電気料金が総括原価方式という料金の設定を行なっていることにあります。総括原価方式とは、発電・送電・電力販売費・人件費などすべてを費用(コスト)として含め、その上に一定の割合の報酬を上乗せした金額が販売する電気の販売収入とイコールになるように電気料金を設定しています。このような料金設定は国から定められており、大手電力会社は自由化以降もしばらくこの料金方式で電気料金を計算することが義務付けられています。

一方で、新電力は自由に電気料金を設定することができますのでコスト削減や業務の効率化を行い、大手電力会社よりも安く、競争力のある電気料金の設定が可能となっています。

大手電力会社がガスを?!

電力自由化に1年遅れて始まった都市ガス自由化を受けて、複数の大手電力会社では特定の電気料金プランセットでガスを販売するプランが発表されました。

今後、大手電力会社は新電力に奪われた顧客を取り戻すために、他のサービスとのセットプランや、従来の規制料金とは異なる料金プランを増やしていくことでしょう。

これからの電力業界は?


自由化に伴いこれまで電力業界の外にいた企業が多く参入するようになりました。ここからわかるのは、電力業界への参入は敷居の低い業界になったことがわかります。

今まで電力業界を構成してきた企業は、外から攻めてきた企業とどう対峙していくか。

今後、今まであった安定のイメージは崩れていくかもしれません。

????あなたに合った企業が見つかる、即日内定イベントはこちら????

関連記事

【業務紹介】通信業界とは?-エリートが集う通信業界を徹底解説-

2019.05.30

【爆笑必至】イカれた就活生が挑戦-就活におけるクールビズの限界を見極めろ-

2019.09.29

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

LINEで友達追加する