【業界紹介】メーカー業界とは?今後も安泰!-日本を支える業界を徹底解説-

キャリコレ公式LINE

皆さんは、メーカー業界と耳にしてはっきりとイメージが湧きますか?
自動車メーカーや化粧品メーカーといったら思い浮かぶでしょうか。

就活生には非常に人気もあり、知名度の高い会社も多いですよね。

今回はメーカー業界の種類や、動向などを紹介していきたいと思います。

メーカーに必須なマーケティング職の詳細については下記をチェック!
マーケティング職の仕事内容から年収まで徹底解説

メーカーとは

私たちの身の回りには、食品や自動車など様々な製品があります。メーカーとは、そうした製品を生産する企業のことで、製造業とも呼ばれています。

作っている製品の分野ごとに、自動車メーカー、鉄鋼メーカー、精密機械メーカー、食品メーカー、アパレルメーカーなど様々な分類ができます。

詳しくはどんな種類があるの?

製造業は日本のGDP(国内総生産)の2割を占める基幹産業で、国内の産業を支える一大業界と言えるでしょう。
メーカーには大きく2つの分類方法があります。

扱っている製品による分類

メーカーは手がける製品によって分類することができます。
① 素材メーカー
② 加工、組み立てメーカー
③ 自社生産、加工メーカー

一つ目の素材メーカーは、製品の元となる素材を作っている会社を指します。
これには、鉄鋼メーカーや、化学メーカーが分類されます。

二つ目の加工、組み立てメーカーは素材メーカーで作られたものを加工して組み立てる会社です。
自動車メーカーや食品メーカーなどが分類されます。

三つ目の自社生産、加工メーカーは化学物質を研究・生産して、自社で製品まで手がけます。
これには、化粧品メーカーや医薬品メーカーが分類されます。

企業向けの商品か、一般消費者向けの商品か

一般的に企業に向けて製品を作っている、B to B(=Business to Business)型と、

一般消費者に向けて製品を作っているB to C(=Business to Consumer)型の二つに分類できます。

B to Bのメーカーには、原料や副原料を加工して企業に販売する鉄鋼メーカーや石油・科学メーカーなど素材メーカーや、生産設備を作って企業に販売する機械メーカーなどがあります。

B to Cのメーカーには、食品メーカーや化粧品メーカー、自動車メーカーなどがあり、店頭で消費者が購入できる製品を作っています。

こちらは企業規模や製造内容は様々ですが、製品名や企業名が身近なため就職を考える学生には耳なじみがあり、人気なようです。

具体的にはB to B型,B to C型のメーカーの関わりは下の図のようになっています。

メーカーの動向は??

現在多くのメーカーが取り組みを進めているのがIoTです。

従来インターネットと“もの”は遠いものであると考えられていましたが、ものに通信機能を持たせ、遠くからの位置確認や操作、情報のやりとりなどを可能にする技術を組み込む動きが進んでいます。

このように付加価値をつけた製品を開発し、他の企業との差別化を図るという狙いで製品開発のスピードは加速しています。

向いている人ってどんな人?

一口に製造業といっても様々な業種がありますが、生産工程職について向いている人は集中力が必要不可欠のようです。

ライン作業では特に、一つ一つの製品に最新の注意を払い冷静に判断を下さなければなりません。その中で几帳面に集中して作業が行える人が向いているようです。

また、素材メーカーに就くときに求められるものとして専門的な知識が求められるようです。樹脂加工メーカーなどでは品質管理知識(QC検定・統計手法)が大事になるようです。

????あなたに合った企業が見つかる、即日内定イベントはこちら????

まとめ

メーカー業界について少しイメージが湧くようになりましたでしょうか。
身近なメーカーだけでなく様々なメーカーが私たち(消費者)に届くまでに関わりあっています。

メーカー業界と一口にいっても扱う品物や販売先、市場環境によって、求められるスキルも様々です

関連記事

【就活の神シリーズ第2弾】GDってどんなお題がでるの?-各お題へのアプローチのかけかた【座学編】-

2019.10.13

【業界紹介】コンサル業界とは?-高収入企業多数紹介-

2019.05.30

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

LINEで友達追加する