【職種紹介】マーケティングって何するの?業務内容から気になる年収や必要スキルも徹底解説

キャリコレ公式LINE

そもそもマーケティングとは?

Wikipediaでは以下のように定義されています。

マーケティング(英: marketing)とは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、
「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念である

定義を読んでもわかる通り、かなり曖昧で分かりづらいですね…..
一般にマーケティングの仕事は、「物が売れる仕組みを作る」,「利益を最大化する」仕事とされています。

役割や仕事内容は会社によっても変わり、未経験者にはとてもわかりにくいものになっています。

また定義からもわかるように、実際に行われるマーケティングの仕事も多岐にわたります。

そこで次項では、マーケティング職では具体的に何を行うのかを紹介していきます。

マーケティングが最も活かされる『メーカー業界』の詳細は下記をチェック
めちゃくちゃ儲かる!?メーカー業界を徹底解説

あなたに合った企業が見つかる、即日内定イベントはこちら

仕事内容

市場の調査・分析から、Webサイトの運営、営業の支援などさまざまなことを行っていますが、その中でも中心となる業務、注目を集めている業務をピックアップしてお伝えしていきます。

調査・分析

マーケティング業務の中心となる仕事です。業界や企業によっても異なりますが、主に顧客や消費者などのユーザーの動向、消費量など様々な視点からデータを集めて分析を行います。

データの分析の仕方も多岐にわたっており、膨大なデータから大まかなトレンドを把握する場合や、少量のデータから細かく要因を探っていく場合などがあります。

また、データを扱うだけでなく、流行しているアプリやプロダクトを実際に使ってみてどういった点に需要や魅力があるのかを探るなど、常に多くのインプットが求められます。

調査・分析から、消費者が求めているものは何かを的確に探り出すことが求められます。

企画立案

調査・分析から消費者の需要に応える戦略を練り、企画を行います。

調査の結果を元に、商品やサービスを売り出す「戦略」を考え、企画を立てていきます。

イベントの企画であれば、半年ほど前から営業部と会議を重ねコンセプト、集客目標、出店製品などを設定していきます。

社外では設営業者や広告業者の選定を行います。依頼が済んだら、イベント当日まで綿密に連絡を取り合い、より良い企画にするために調整を行っていきます。

また、立案された企画をプレゼンする機会が多いので、資料作成能力やプレゼン能力も問われます。各企画に大きな資金を費やすため、プレゼンの事前準備として理論詰めを行う必要があります。

企画がローンチされた後も効果測定を行い、実際の利益や改善点を抽出して、継続的に企画を運営していく場合もあります。

デジタルマーケティング

近年はweb広告やSNSを活用したマーケティングなど、デジタル分野で行われる仕事が注目されています。

Webマーケティングでは企業サイトなどでどのようにサイトを閲覧していくか、どのように誘導していくかなどを考えます。

Web広告では、どういったユーザーにどの広告を届ければ最も効果的かを考えて効率化していくような業務を行っています。

マーケターの平均年収は?

一般に日本の平均年種は430万円といわれています(民間給与実態統計調査)。

一方で転職求人サイトduda(デューダ)が発表している、マーケターの平均年収は510万円です。(https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/

しかしこれはあくまで平均年収であり、実際に行う業務や務めている企業によってその年収は大きく変わっていきます。おおよその分布としては、300~1000万円といわれています。

マーケティングに求められるスキルは

コミュニケーション能力

情報取集能力

論理的思考力

 

コミュニケーション能力

企画職においては営業や開発だけでなく外部の会社との綿密な打ち合わせが必要であり、スムーズに情報伝達を行うスキルが必要となります。

また、プレゼンを行うことも多く、自分の意志や企画をわかりやすく相手に伝えられるかという点を問われます。

情報収集能力

ユーザが求めているものを知るためには、定量的なビッグデータだけでなく、聞き込み調査やユーザと同じ目線に立って実際に体験してみるなど、より多くの情報をインプットできるスキルが必要となります。

常に気になったものについて調べたり、社会の動向をニュースアプリからとらえるなど、アンテナを張ることが求められます。

論理的思考力

集めた情報から、なぜそのようなデータが取れたかを的確に分析する必要があります。また、マーケティングから、これから企業が投資するポイントを絞っていくため、プレゼン等で論理の飛躍などは認められません。

常になぜそう判断できるか、なぜそのような意思決定を行うのかについて考えることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?
この記事から、マーケティングの仕事について理解が深まったかと思います。もしマーケティング職に興味を持ったなら、必要なスキルを日ごろから磨き上げて、ぜひ挑戦してみてください。

業界分析が進んだら、即日内定のイベントに参加して内定を掴み取ろう

 

関連記事

【企業紹介】AI技術に力を入れる日系企業4選!成長市場を学んでビジネスチャンスをつかもう! 2019.05.30
2019.10.13

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

  • 人気ベンチャー企業の選考パス情報!
  • 何度でも交通費支給!
  • 人事の裏話が聞ける!
  • 移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

LINEで友達追加する