【Twitter編】SNSが原因で内定が取り消される!?-就活中でのSNS使用の注意点4選-

キャリコレ公式LINE

SNSが原因で内定が取り消される!?

皆さん、就活最中に気をつけていることはたくさんあることかと思います。服装、言葉遣い、マナーetc‥しかし、普段から注意しておくことでもっとも重要なことがあります。それは「SNS」の使い方です。最近はSNSをしている人が圧倒的多数になり、SNSをしていること自体は珍しくもありません。しかし、このSNSというものは場合によっては内定や選考に大きく影響する刃物になることもあるのです。

LINEの使用の際に気を付けること
LINEの使用の際に気を付けておくこと

インスタを使用する際に気を付けること3選
インスタを使用する際に気を付けること3選

はじめに

まず、Twitterについての簡単な説明を行います。

Twitterはメールアドレスなどを登録すれば誰でも無料で利用できるSNSです。加入すると自分専用のWebページが作成され、そこに自分の発言を投稿することができます。

公開アカウントの発言はWeb上に広く公開され、Twitter加入者以外も読むことができるが、アカウントを非公開設定にすれば、特別に関係を結んだ利用者以外は読むことができなくなります。

注意点1 本名は避ける

SNSというのは皆さんが思っているよりも簡単に個人情報にアクセスすることができます。もし本名でtwitterをしている方がいらっしゃったら、今すぐそれはやめておいた方がいいでしょう。

やましいことを書いている、いないに関わらず、名前も立派な個人情報です。そこから何を誰に探られるかはわかったものではありません。

例えば、本名でTwitterをしていたとしましょう。インターンや説明会を終えたあと、企業関係者の方であなたの名前で検索する人がいるかもしれません。本名でTwitterをしていたら、あなたのアカウントは直ぐに見つかります。そこから様々なことがわかります。

どのような学生生活を送りどのような人に親しまれていたのかが判明します。「やましい投稿はしていないから大丈夫!」と言う人も、就活以外の時に危険にさらされる可能性もあります、本名でのSNS使用など、玄関にカギをかけていないようなものです。

注意点2 不適切な投稿はしない。

これはおそらく常識の問題だとは思いますが、不適切な投稿は行ってはいけません。大丈夫だと思っていても、もう一度自分の今までの投稿を見直して再チェックを行うといいでしょう。

例え本名を使わず、鍵をかけていたとしても、もし万が一あなたが不適切な投稿を行いそれが誰かの目に止まった場合、その時点でネットで炎上する可能性が出てきます

今のSNSは思いもよらぬところからその人が特定されたりします。運動会の写真を過去にあげていたりすると、その背景から居場所や学校を特定されたりすることもあります。

一度炎上したらいくら名前を変えても鍵をかけてもどうしようもなくなることが多いですし、実生活に大きく影響が出てきます。
炎上した例を載せておきますが、決して真似をしてはいけませんよ!

例えば

 

ある大企業の例では、内定者のR大生の男子が以下のようなツイートをしました。「R生が強盗ねー。別に悪いと思わないね。皆同じようなことしてんじゃん。友達のもの借りパクだったりしたりさー。盗まれる側が悪いわ。」

当然、大炎上。しかし、その後更にその大学生は「ツイッターは言いたいことを言う場所。言うこと気にすんならやめろよ。見たくなきゃフォローしなきゃいいし関わらなければいい。バカばっかだな。」

これで完全にノックアウトですね。内定は取り消される運びとなりました。

信じられないですがこのような投稿を本当にする人が一定数います。普段は大丈夫と思っていても、酒を飲んだ勢いで何かしら不適切な発言をしてしまうかもしれません。くれぐれも注意しましょう。

 

注意点3 誤爆(アカウント間違いを避ける) 

Twitterというのは他のSNSに比べて複数アカウント所持している人が多いです。皆さんの中にも、ゲーム用アカウントやファッション用アカウントなど、所謂「裏垢」というのを持っている人もいるのではないでしょうか。

そのアカウントで呟くつもりの内容を、リアル用のアカウントで呟いてしまった経験がある人も少なからずいるかと思います。就活中は特にこの失敗が命取りになることを意識しておいてください。

ここでも一つ代表的な例を挙げておきましょう。

 

以前、アイドルであるMさんがこのような事例を行ってしまいました。ファンのツイートを引用して、メンバーの後輩を中傷するコメントを投稿し炎上しました。

Twitterアカウント乗っ取られたかのような、意味不明な文字列をツイートがその後続いたため、時系列で解説記事が乱立し、さらに炎上しました。「裏アカウントへの投稿を間違えたのでは?」と推測されています。

 

このように、誤爆して誰かしらの目に映ったらその事実は決して消せません。注意しましょう。

注意点4 投稿する前に今一度確認を

3の続きになるのですが、ツイートをする前に今一度確認をしましょう。本名ではないか、スクリーンショットを取られても平気なのか、アカウント間違えはないか。

ネットで言われている言葉で有名な例を一個あげるならば、「玄関に貼ってもいいようなツイートを心掛ける」。この一言に限ると思います。

今の時代、その気になれば特定など簡単にできてしまいます、更に一般人ではなくより粘着器質な人に目をつけられたら大変です。常に危険隣り合わせの状況にあることを念頭にいれておいてください。

よりよいTwitterライフを!!

LINE@で『キャリコレ』限定情報配信中!

『キャリコレ』 の最新情報をお届けします。LINE@の友達になると配信が受け取れるだけでなく、就活相談ができます。

人気ベンチャー企業の選考パス情報!

何度でも交通費支給!

人事の裏話が聞ける!

移動なし!電話・LINEで就活相談ができる!

LINEで友達追加する